希少車での走行感 走りのフィーリング

34013939_480x318
出典:車売るならナビ
 

オートマ全盛時代にノンシンクロのマニュアルを乗った体験談です。
今はマニュアルの自動車であっても普通車、商用車ともにシンクロメッシュはあるものです。
ただ、型の古い軽自動車やトラックなどはないものもあります。

私が乗ったものは軽トラックです。
年式はそれほどに古いものではないもの、エアコンレスのパワステなしで低価格な商用車でした。
その車は、パワステがないもので独特の走行感があったのです。
普通車の走行はパワーステアリングがあり、遊びも大めに作られているのでゆったりとした走り味です。
ゆっくりと走行している分には市販乗用車がよいものです。
操作に神経を使う必要も生じませんし、少し手を離しても問題ありません。

しかしパワステなしの車はそうはいきません。
ダイレクトな操作になりますから手を離したら蛇行してしまいます。
ハンドルが重いという以前に走行に緊張感が漂って神経を使うのです。
マニュアルでの操作も回転数が合わなさ過ぎて変速できないトラブルに見舞われ四苦八苦しました。
その車は会社で使用していた商用車でしたが買い取りにだしてしまって今はありません。

壊さないようにと慎重に操作していたことを思い出します。
こうした車は乗る機会もないので希少な体験だったと今にして思います。リースで借りるのもいいのですが、いかんせん情報が足りないですよね。

例えば、カーリースおすすめ.com。ここも情報が足りないです。良い情報求む。